Axiom Verge【レビュー】

スポンサーリンク

Axiom Vergeって気になってるんだけど、どんなゲーム?教えて!レビューとか知りたいな!

Axiom Vergeを買うか迷ってるの?なら、私が教えるね!

今回はAxiom Vergeというゲームのレビュー、評価をお伝えします。

この記事は、

「Axiom Vergeというゲームを買おうか迷ってます・・」

という方向けに書いています。

攻略記事ではありませんが、少しネタバレも含みますのでご注意を。

簡単な内容は以下のとおりです。

・Axiom Vergeがどんなゲームなのか
・良い点、悪い点(気になる点)
ちなみに、筆者はこのゲームをクリア済です。(アイテム回収75%、地図開放90%で約15時間)
ぜひ、記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね♪
スポンサーリンク

Axiom Vergeってどんなゲーム?

Axiom Vergeとはどんなゲームなのかを簡単に説明しちゃいます!

概要

Axiom VergeはThomas Happ Gamesからリリースされました。

なんと、Thomas Happさんという方がたった一人で5年の年月をかけて制作されたんですね!

デザインも、グラフィックも音楽もプログラミングもすべてなんて・・凄すぎです。。

もはや一人で作れるレベルじゃないよね・・

製品としては2015年5月14日にSteamにて、2017年10月5日にNintendo SwitchおよびPlayStation Storeにて配信が始まりました。

ジャンルはアクションアドベンチャーゲームです。

価格はSteamにて1,980円(税込)、Nintendo SwitchおよびPlayStation Storeにて1,999円(税込)。

ストーリー

実験室で事故に遭遇したはずの科学者が、なぜか神秘的なエイリアン世界の只中で目覚めた。これはどこか遠くの惑星? 遥かな未来? はたまた複雑なシミュレーションゲーム?

大規模な迷宮世界の奥底を探索、その秘密を学び、その中におけるキミの役割を明らかにしよう。

Nintendo Switchダウンロード購入ページより

このストーリー説明だけでは「?」という感じですね。

とにかく、昔懐かしのSFを踏襲したストーリーと言えます。

詳しい内容はプレイしてのお楽しみ♪

システム

システムはいわゆる「メトロイドヴァニア」です。

3Dがなんだ!と言わんばかりの、2Dの世界を探検し、アイテムやアビリティを獲得しつつ、マップを埋めていきましょう。

もちろん、強力なボスたちが行く手を阻みます!

そんな時は、ボスの動きや弱点を見極め、手に入れた武器を駆使して対処しましょう。

2D世界の探索とアクション・・特に探索はメトロイドヴァニアの醍醐味だよね!

操作性

操作性も良く、主人公のトレースは本当に白衣の科学者か?と思うほどの機動力があります。(主にジャンプ力)

それでも、序盤はとっても弱い。

少ない体力と、一発では敵を仕留められないガン。

敵から一撃でも食らえばひん死になる、とっても頼りがいのあるナイスガイです(皮肉)。

また、レベルアップの概念なんてものはありません。

レベルアップは自分の腕前だけ!

そんな、最初はとっても弱いトレースですが、様々なアイテムやアビリティを手に入れることで強化されていきます。

終盤では様々な武装を施し、体力も身につけた本当のナイスガイになります。

それでもボスはとっっても強いよ!

Axiom Vergeの良い点

good

2Dレトロゲーム好きにはたまらないグラフィック

まず、グラフィックがたまらなく良いですね!

8bit時代を思い起こさせる主人公の井出立ち。

また、背景には懐かしさがこみ上げてきます。

それでいて、古臭さを決して感じさせない。

作者Thomas Happ氏の深いレトロゲーム愛(メトロイドヴァニア愛か?)が見て取れます。

80年代後半から90年代前半のグラフィックかな~。

とにかく洗練されているよ!!

多彩な武器

多彩な武器が出てくる点は、Axiom Vergeの大きな魅力です。

その武器の種類、私が所持しているだけでも16種類!

枠があまっているので、どうやらこれだけではないようです・・20種類は超えるか?というところ。

遠距離まで届く攻撃、近距離での電撃攻撃、拡散攻撃、火炎放射、ブーメランのような攻撃・・。

様々な攻撃方法を楽しむことができ、もはや一本のゲームをやっているのかわからなくなるほどです。

個性的な武器たちを探し出すのもAxiom Vergeの魅力☆

新鮮なアクションの数々

武器の数もさることながら、アクションの種類も豊富です。

穴を掘るドリルや、テレポートできるコート、自分の身代わりを作り出すドローン、ぶら下がり可能なワイヤー(グラプネル)など、様々なアクションが可能になるアイテムが手に入ります。

中でも、一番特徴的なのは、「アドレスかく乱機」と呼ばれるものです。

Axiom Vergeでは、いくつかバグを思い起こさせるような画像の乱れが出てきます(実際はバグではなく仕様)。

この乱れを修正し、正しい道を切り開くのが「アドレスかく乱機」です。

レトロゲーム風を見事に生かした斬新なアイデア!

また、このかく乱機は敵に対しても使用でき、弱体化などさせることができます。

ゲームオーバーになっても、手に入れたアイテムはそのまま

Axiom Vergeでは、たとえゲームオーバーになっても一度手に入れたアイテムはそのままにしてくれます。

この仕様はAxiom Vergeという難関ゲームの中でも救いと言えるのではないでしょうか。

一つのアイテムを入手するのにも一苦労だからね!

Axiom Vergeの悪い点(気になる点)

bad

使わない武器の存在

武器の数が多いので、使わない武器がどうしても出てきてしまいます。

なんせ、私が武器を(恐らく)全部取り終えていないのにクリアしていますから。

現在持っている16種類の武器についても、明らかに使い勝手の良いもの、悪いものがはっきりしています。

最終的には、お気に入りの武器か、特殊な能力を持った武器だけを使うことになります。

結果、「これいらなくね?」っていう武器が出てきます。

多すぎても使いこなせない!でもロマンがある!

セーブポイントからやり直しの辛さ

セーブポイントからやり直しができるのはありがたいのですが、難易度を考えると、次のセーブポイントまで結構な距離があります。

このゲームは、ボスだけでなく雑魚キャラもしっかり強い(タフネスぞろい)なので、それを考えると、もう少しセーブポイントを配置しても良かったのでは・・と思いました。

まあ、あまりセーブポイントを置きすぎるのもヌルゲーになってしまうので、一概に悪いとは言えませんが。

少なくとも、私は何度か心が折れそうになりました。

折れた結果、オールクリアしていないというのもありますが苦笑

セーブポイントからセーブポイントへのワープなんて便利なものもないもんね・・ホンマのマゾゲーマー向けやでぇ・・

不自然な和訳

これは海外製のゲームなら仕方ないですが、やはり和訳が不自然です。

ストーリーがちょっと入ってこないというか・・トレースのキャラもいまいちつかめない感じになっています。

ストーリーは割り切っても良し!という人の方が向いてるかな!

Axiom Vergeが気になる人にオススメのゲーム

nintendo switch

Axiom Vergeが気になる人は、恐らく「メトロイドヴァニア」ファンでしょう。

そんな方にオススメのゲームをいくつか紹介します!

ブリキの騎士

ブリキの騎士は、「ロボット盗賊団」なる軍団から村を守るべくブリキの騎士こと主人公の「アッツ」が旅に出るメトロイドヴァニアです。

難易度はAxiom Vergeよりかなり低く、サクッと遊べる内容になっています。

詳しくはコチラ

Gato Roboto

Gato Robotoはネコちゃんが主人公のメトロイドヴァニアです。

ロボット(バトルスーツ)にネコちゃんが乗り込んでいる姿はまさにシュールの極み笑

こちらも難易度はそこまで高くなく、価格も820円とお手頃で、ライトにプレイできます。

詳しくはコチラ

The Messenger

The Messengerは新感覚で骨太な2D忍者アクションゲームです。

冒険を進めていくことで、様々なアクションを手に入れることができます。

ですが、このゲームの一番の特徴は前半と後半で大きくプレイスタイルが変わる事。

前半はステージクリア型ですが、後半では時空を超えて各地を探索するメトロイドヴァニアへと変わります。

難易度は、Axiom Vergeに負けないくらい高めに設定されています。

詳しくはコチラ

おわりに

summary

いかがだったでしょうか。

Axiom Vergeを簡単にまとめると、「帰ってきた高難易度メトロイドヴァニア」といったところでしょうか。

制作者の、メトロイドヴァニアへの愛情をヒシヒシと感じます。

価格は約2千円ですが、かなりしっかり遊べる内容ですので、決して高くはないと思います。

メトロイドヴァニアファンなら買うべきだね!!

この記事をとおして、一名でも多くの方に興味を持っていただけると嬉しいです。

長文お読みいただきありがとうございました。

Switch版購入ページはコチラ

Steam版購入はコチラ

PS4番購入ページはコチラ

コメント

  1. […] 詳しくはコチラ […]

  2. […] 詳しくはコチラ […]

  3. […] 詳しくはコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました