電池が液漏れする原因・予防法と捨て方

スポンサーリンク

電池って、何で液漏れするの?どうやって捨てるのが正解??

今回はこんな疑問に答えます。

電池を交換しようとしたら電化製品の中で液漏れしていた・・なんて経験ありませんか?

しかも、この液漏れは人の体にとってかなり有害なんです。

私もやってしまっていたのですが、液漏れした電池を素手で触って交換している人、とても危険なのですぐやめましょう。

さらに、その電池の捨て方にも気を遣わなければいけません。

そこで、この記事では下記について重点的に紹介します。

・電池が液漏れを起こす原因と予防法
・液漏れした電池の危険性
・電池の捨て方

この記事を読んで、電池の液漏れを防ぎ、正しく廃棄できるようになりましょう。

5分程度あれば読めますので、どうぞ!

スポンサーリンク

電池が液漏れを起こすメカニズム

電池には液漏れを起こすメカニズムがあります。

それは、何らかの影響により内部にたまったガスを排出するためです。

内部にたまったガスにより電池本体が破裂するのを防ぐため、ガスを勝手に排出する仕組みになっているのです。

その際、いっしょに電池内部の液体(電解液)も排出してしまうのがいわゆる「液漏れ」です。

液漏れにも、危険を回避する意味があったんだね!

電池が液漏れを起こす原因

many batteries

電池が液漏れを起こしてしまう原因はいくつかあります。

過放電による液漏れ

過放電によって、電池は液漏れを起こします。

過放電とは、

放電終止電圧とは、
とのことです。
過放電が起こる原因は以下のような使い方をすることにあります。
使っていない機器に入れっぱなしの場合
上記のように電池を扱っていると、過放電により液漏れが起こります。

ショートによる液漏れ

電池は、ショートすることによっても液漏れを起こします。

具体的には、

・電池を逆に入れた場合
上記のように電池を保管、もしくは使用した場合、ショートが起こって液漏れする恐れがあります。

外傷による液漏れ

電池の外傷によって液漏れする可能性も考えられます。

傷がついたことで、ガスが漏れやすくなるためです。

例えば、湿度の多い劣悪な環境で電池を保管していると錆びが発生します。

そうした外傷からガスが漏れ、液漏れにつながるのです。

保管場所もちゃんと考えよう!

電池の液漏れを予防する方法

電池の液漏れを予防する方法は、上記のような原因となる保管・使用をしないことです。

詳しくは下記2記事をご参照ください。↓

アルカリ電池とマンガン電池の違いとは?【間違った使い方してませんか】
アルカリ電池とマンガン電池の違いについて解説しています。同じように見えて全く別物のアルカリ電池とマンガン電池。間違った使い方をしているととんでもないことになるかもしれません!この記事を読んで正しい知識を身につけましょう!
電池の保管方法と扱い方【電池の基本】
電池を雑に保管していませんか?適当に扱っていませんか?もしかすると、皆さんが普段何気なく行っている電池の保管・扱いが液漏れや、最悪の場合、火災を発生させることにも繋がりかねません。この記事では、電池の正しい保管方法と扱い方について記載しておりますので、ぜひ実践してください。

電池は液漏れすると危険!

danger

電池の液漏れ、日常で発生してしまう現象ですが、実際はかなり危険なものなのです。

液漏れの液体は劇薬!健康被害の可能性も

私たちが普段から使用しているアルカリ電池の中には水酸化カリウムという劇薬が含まれています。

なぜ劇薬なのかというと、水酸化カリウムは非常に強いアルカリ性の性質を持っており、強い腐食性があるからです。

例えば、汗と混ざった場合には化学変化によって皮膚を溶かし、化学熱傷に陥ります。

また、目に入ると失明してしまう可能性もあります。

マンガン電池であっても、中に入っている液体は塩化亜鉛なので人体にとって有毒です。

目に入ると傷つく恐れがあります。

液漏れ電池注意!危険!

液漏れした電池の処理方法

液漏れした電池は、必ずビニール手袋をして処理しましょう。

処理の仕方は、

ビニール手袋をして電池を取り出す

水で濡らしたタオルで液をふき取る

乾拭きして乾燥させる
です。

先ほども言ったとおり、液漏れの液体は劇薬です。

間違っても素手で触らないでね!

電池の液が肌や衣服についてしまった場合の処理方法

電池の液が肌や衣服についてしまった場合、すぐに水で洗い流してください。

もし目に入ってしまったら、すぐに水で洗い流し、病院へ行きましょう。

失明してしまう恐れもありますので、細心の注意を払いましょう。

電池の捨て方

battery throw away

電池は、捨てる時にも注意が必要です。

必ず絶縁をする

電池を捨てる際は、必ず絶縁をしておきましょう。

複数の電池を絶縁せず一緒に置いておくと、電流が流れたり、発熱や液漏れの原因にもなるからです。

絶縁の方法は簡単で、ビニールテープなど電気を通さないテープを電極部分に貼り付けることです。

簡単なことで危険を防げるので、必ず絶縁しておこうね!

自治体のルールに従う

電池の捨て方は自治体によって異なります。

必ず検索をかけておくか、ごみの出し方を記載した表などが自治体から配布されると思いますので、それに従って捨てるようにしましょう。

電池は液漏れを起こすと有害!

summary

いかがでしたでしょうか。

普段から何気なく使っている電池は液漏れを起こすとかなり有害であることがお分かりいただけたかと思います。

電池を安全にご使用いただくために、みなさんもこの記事に書いてあることを実践してください。

当記事が一人でも多くの方のお役に立てたのなら幸いです。

長文お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

  1. […] 電池が液漏れする原因・予防法と捨て方みなさん、電池を交換しようとしたときに液漏れを発見した・・なんて経験ありませんか?この記事では、電池の液漏れの原因と対処法そして捨 […]

  2. […] 電池が液漏れする原因・予防法と捨て方みなさん、電池を交換しようとしたときに液漏れを発見した・・なんて経験ありませんか?この記事では、電池の液漏れの原因と対処法そして捨 […]

タイトルとURLをコピーしました