通勤時間をムダにしない!【音楽のチカラ】

スポンサーリンク

通勤時間って何かに使えないもんかね・・

通勤時間は長いだけでムダになりがちだもんね。

せっかくなら、有効に使いたいよね!

みなさん、車通勤ですか?

それとも電車通勤ですか?

いずれにせよ、通勤時間は有効に使いたいですよね。

特に、長い時間を通勤にささげている人なら、なおさらかと思います。

かくいう私も車通勤で片道40分ほどかかっています。

そこそこ長くないですか?

アニメや特撮なら1本ガッツリ見てもおつりが返ってきます。

カッ〇ラーメンなら13杯作れます。

私はこの通勤時間をどう使うか悩んできたのですが、ついに答えが出ました。

それは・・・・

 

 

好きな音楽を聴く

ということ。

はい!みんな一斉に物を投げつけないで!!

なんだよ、その答え・・って声が聞こえてきそうですが、これでもれっきとした理由があるんです!

ですので、この記事では通勤時間に好きな音楽を聴く理由について、

・主観的見解
・科学的見解
から書きたいと思います。
…かっこいい書き方をしましたけど、私が音楽を聴いている理由と科学的にいいよ!という理由のことです。
この記事を読んで、通勤時間に聴く音楽のすばらしさを知ってもらえるとうれしいです!
3分程度で読めますので、どうぞ。
スポンサーリンク

私が通勤時間に音楽を聴く理由

car speaker

私、おおしたまひろがなぜ通勤時間に音楽を聴いているのか・・その理由を、みなさんのお声にこたえてお話しましょう。(幻聴)

目が覚める

朝、好きな音楽を聴きながら通勤すると目が覚めます!

みなさんも経験があると思いますが、好きな音楽に脳は反応してしまうもの。

聴く前までは眠かった頭も、好きな音楽を聴いて冴えた感覚になります。

私は朝からVロック!

テンションが上がる

好きな音楽って聴くだけでテンション上がりますよね!

やっぱり、「好きなもの」に触れるということは人にとって快楽なんですよ~。

例えば、お店で好きな音楽かかったりしたらテンション上がりませんか?

上がりますよね!

通勤時間に好きな音楽を聴くことで、テンション上げて仕事に取り組めるのです!

嫌なことを忘れられる

好きな音楽を聴くと嫌なことも吹っ飛びますよね!

大声で歌えばなおのことです。

嫌な記憶を快音で吹き飛ばせ!!

声が出るようになる

好きな音楽を聴きながら、車内で歌えばおのずと声が出るようになります。

私は、大声で歌っている日の方が明らかに声が出やすいと感じています!

逆に、車内で黙りっぱなしだと喉が開きません(;^ω^)

もちろん、電車内では歌わないようにね!

声量が上がる

「車内で音楽を聴く」という観点からは離れてしまいますが、車内で歌い続けることで声量が上がります。

もちろん、周りを気にすることなく歌いまくれるからです。

カラオケなんかで役に立っている・・かも!?

通勤時間に音楽を聴いた方がいい理由

headphone girl

通勤時間だけに限らず、好きな音楽を聴くことはメンタル的に良いです。

理由は、音楽が気持ちを安定させてくれるからです。

音楽は私たちの気持ちを安定させてくれます。

しかも、自分の好きな音楽であればジャンルは問わないとのこと。

この理由はクイーンズ大学ベルファスト校のJenny Groarke氏がジャーナル「PLOS One」に2019年6月に発表した研究に基づきます。


実験内容

実験内容は、80名の被験者に対して社会ストレステストを行うもの。

具体的には、試験官の前で自己紹介スピーチを行うという社会ストレスを与えるテストです。

この社会ストレステストの中では、被験者に対し、5分間のスピーチの準備、そして、スピーチ前に10分間の休憩をとってもらいました。

この10分の休憩中に、各自の選んだ音楽と、ラジオ番組を聴かせるのです。

その後、被験者たちにその時の気分を評価するテストを受けてもらい、スピーチをする必要は無いということを伝えます。

果たして、社会ストレスは音楽で軽減されるのか??

結果は、自分の選んだ音楽を聴いていた被験者の方がストレスや緊張、抑うつ感など負の感情を感じていませんでした。


研究結果を見るかぎり、音楽が人間の心に作用するというのは間違いなさそうですね。

しかも、いわゆるヒーリング系の音楽だけではなく、好きな音楽であればリラックス効果が発揮されるとのこと。

大きな仕事が控えている日の通勤時間なんかは、音楽を聴くのがベストかもね!

通勤時間をムダにしないためのまとめ

summary

みんなが使い方に悩む通勤時間。

その通勤時間の使い方を悩んだ末に、音楽を聴くという選択もアリではないでしょうか!?

長文お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました