Gato Roboto【レビュー】

スポンサーリンク

Gato Robotoって気になってるんだけど、どんなゲーム?レビューや評価が知りたいな!

あらあら・・じゃあ私が教えるね!

今回はGato Robotoというゲームのレビュー、評価をお伝えします。

この記事は、

「Gato Robotoというゲームを買おうか迷ってます・・」

という方向けに書いています。

攻略記事ではありません。

簡単に内容をまとめると、

・Gato Robotoがどんなゲームなのか
・良い点、悪い点(気になる点)

ちなみに、私はこのゲームをオールクリアしているよ!

5分もあれば読める内容です。
ぜひ、記事を読んで購入の際の参考にしてくださいね♪
スポンサーリンク

Gato Robotoってどんなゲーム?

Gato Robotoとはどんなゲームなのかを簡単に説明しちゃいます!

概要

Gato RobotoはDevolver Digitalからリリースされました。

2019年5月30日にNintendo SwitchおよびSteamにて、配信が始まった探索型アクションアドベンチャーゲーム、いわゆるメトロイドヴァニアです。

価格はどちらも820円(税込)です。

ストーリー

とある小惑星からの信号をキャッチした船長「ゲイリー」はそこへ向かう途中、不幸な事故によって不時着してしまった!怪我をして動けなくなったゲイリーは、飼っていた可愛らしいネコちゃん「キキ」に助けを求めることに。

そこは大昔に放棄された軍事用の研究施設。
施設内は迷宮のように入り組み、危険な生物がうろついていた…!

Nintendo Switchダウンロード購入ページより

このゲーム最大の特徴としては、主人公が可愛らしいネコちゃん「キキ」であることです。

一刻を争うSF劇なのに、主人公が普通のネコちゃん・・なんともシュールで笑えますw

ギャップ萌えってやつ⁉

システム

システムは探索アクション、つまりは「メトロイドヴァニア」です。

広大な施設を探検し、アクションを使い、謎を解いて、この危機から脱しましょう。

また、主人公のキキはネコのままでは敵とまともに戦えません。

だって、普通のネコですから。

そこでキキに与えられた武器は、まさかのネコでも操作できる「バトルスーツ」。

このバトルスーツに乗り込んでいるキキも無表情でかなりシュールw

バトルスーツを身にまとったキキは、ピストルやロケットを武器に敵とガンガン戦っちゃいます。

その他にも、「モジュール」を手に入れることで、バトルスーツはどんどん強化されていきます。

新しく手に入れたアクションを使いこなして、ダンジョンを攻略しましょう!

一方で、キキにしかできない「壁登り」などのアクションもあります。

必要に応じて、バトルスーツを乗り降りする必要があるのもこのゲームの大きな特徴です。

操作性

操作性はかなり滑りが良いように感じます。

慣性は働いていないので、レバーを離した瞬間に立ち止まってもくれます。

Gato Robotoの良い点

good

キャラの可愛さ(シュールさ?)

やはりキャラクターの可愛さはこのゲームから切り離せない要素でしょう。

筆者としては、キキを見るたびに表情のなかったあの初代カービィを思い出してしまいます。

また、敵もカエルやネズミなど、どこか憎めないものが多いです。

明らかな悪役みたいなやつもいるけどね!

あと、ゲイリーとキキとの心温まる(?)会話も見どころです!

適度な難易度

見た目は難易度が低そうに思えますが、十分にアクションも謎解きも楽しめる難易度となっています。

メトロイドヴァニア系統のゲームをプレイしたことがある人にとっては軽めのアクションゲームとして。

メトロイドヴァニア初心者には入門編としてもアリなんじゃないかなと思います。(価格面も含めて)

敵もクセのある動きをしてくる奴らが出てきますし、特にボス戦は面白いです!

ある程度のパターンがありますが、そこを突いても何度かやり直しをさせられるくらいには難易度があります。

ネコ一匹にここまでするか⁉って思うこともあるくらい笑

あと、アイテム収集が結構シビアですね。

普通にプレイしていく中では要求されないような、特殊な動きを要求されます。

この辺りも、練習すれば十分にできるようになる!という絶妙なレベル加減ですね。

タイムアタック機能

Gato Robotoでは、常に画面の下にゲームのプレイ時間が表示されており、計測されています。

このプレイ時間には、メニュー画面を開いている時間や、ゲームオーバーになった時間も含まれています。

タイムアタック機能を使ったやり込みプレイをしたい人にとっては非常に便利な機能ではないでしょうか。

アイテム収集もあるから、遊び方が広がるよね!

お手軽価格

何といっても価格が安いです。

税込820円。

ワンコインとまではいきませんが、1,000円でおつりが返ってきます。

Gato Robotoの悪い点(気になる点)

bad

配色が2色しかなく、目が疲れる

Gato Robotoは配色が2色です。

白黒モノトーンの画面です。

レトロな雰囲気はとっても良いと思います。

私もレトロゲーム大好きなので。

ですが、これってプレイしている時以上にプレイした後で目の疲労がくるんですよね・・💦

しかも、アクションゲームなので目を離す隙がありません。

一応、色変更もできるけど結局2色なんだよね。。

キャラクターの割にシビアな難易度設定

先ほどは適度な難易度ということで記載しました。

ですが、キャラクターの可愛さだけに魅了されて買うと、正直言って難易度に絶望する場面が出てくると思います。

例えば、先ほど面白いと言ったボス戦ですが、私は同じボス戦で20戦以上戦いました。

なかなかの根気です。

また、バトルスーツは様々なモジュールを手に入れることで能力をアップできますが、生身のキキは能力的には一向に成長しません。

敵から一撃食らえば・・です。(お察しください)

しかも、ボス戦含めキキだけを操作するシーンも結構多いという・・

この緊張感を楽しめる人は全く問題ないでしょうが、可愛さ目当ての人にとっては少し敷居が高くなってしまうかな・・という印象です。

良い点と悪い点は表裏一体ですね。

”セーブしますか?”って聞いてくれない

Gato Robotoでは、セーブするときにはセーブポイントに立ち寄る必要があります。

そして、セーブポイントは同時にバトルスーツの装着場所でもあり、セーブは自動で行われます。

ここに一点、問題があります。

先ほど、良い点でタイムアタック機能が標準装備だと書きました。

同時に、ゲームオーバーになった時間やメニューを開いている時間もこの計測は続いていると書きました。

そこが問題なのです!

このゲームは操作性が良く、結構勢いでセーブポイントを通過しがちなんですよね。

勢いでセーブポイントに突っ込んだ時、”セーブしますか?”と一言聞いてくれればタイムが気に食わない時にセーブせずにいれるのですが・・

”セーブしますか?”って聞かれないので、勢いでセーブポイントに突っ込んでしまった場合、最初からやり直ししないといけなくなってしまいます。。

細かいところだけど、タイムアタック機能が標準でついているなら配慮してほしかったかな。

時間表示に焦る

タイムアタックをするのが、ある種この手のゲームの醍醐味ではあります。

ですが、慣れていない人にとっては時間表示は単純にプレイを焦らせるだけのものとなるでしょう。

Gato Robotoが気になる人にオススメのゲーム

nintendo switch

Gato Robotoが気になる!という方には、おそらくメトロイドヴァニアファンも多いでしょう。(もしくはネコちゃん好き)

他にも「メトロイドヴァニア」系の配信ゲームがいくつかありますので、簡単に紹介します。

ブリキの騎士

ブリキの騎士は、主人公のロボット「アッツ」が悪いロボットからオイルを取り戻すために冒険に出る探索型アドベンチャーゲームです。

詳しくはコチラ

Axiom Verge

Axiom Verge(アクシオムヴァージ)は、とある科学者が、実験の事故により異世界に迷い込むアクションアドベンチャーゲームです。

広い異世界の各場所を探索し、散りばめられたスキルやアイテム、武器を獲得する収集要素、立ちはだかる謎解きとボスたち。

メトロイドヴァニアファンなら楽しめること間違いなしの作品です。

詳しくはコチラ

The Messenger

The Messengerは新感覚で骨太な2D忍者アクションゲームです。

冒険を進めていくことで、様々なアクションを手に入れることができます。

詳しくはコチラ

おわりに

summary

いかがでしたでしょうか。

Gato Robotoを簡単にまとめると、「キャラの可愛さ以上に、難易度はしっかりしたライトメトロイドヴァニア」と言ったところでしょうか。

価格的にもお手軽ですので、購入は十分にありかと。

また、周回したい人にとっても、しっかり遊べる内容になっていると思います。

「可愛く手軽なメトロイドヴァニア」を楽しみたいのならピッタリだね!

それでは、長文お読みいただきありがとうございました。

Devolver Digitalの公式ページはコチラ

Switch版購入ページはコチラ

Steam版購入ページはコチラ

コメント

  1. […] The MessengerはGato Robotoと同じくDevolver Digitalからリリースされました。 […]

  2. […] 詳しくはコチラ […]

  3. […] 詳しくはコチラ […]

タイトルとURLをコピーしました