マスクによる肌荒れのなぜ。対策は?

スポンサーリンク

マスクをつけると肌荒れしちゃうよー。。対策しないと・・

今回はこんなお悩みを解決します。

新型コロナの影響で、マスクをする機会も増えた今日この頃。

みなさん、お肌に違和感を感じていませんか?

私は感じているんですよー。

特にマスクをしている口周り。

痒さを感じて、リップを塗る機会もとっっても増えました(´・ω・`)

共感してくれる方、いますよね⁉

ですので、今回の記事では

・マスクをつけて肌が荒れるメカニズム
・マスク着用による肌荒れ対策
について取り上げちゃいます!
まだ花粉症もある季節。
知らないと、肌荒れお肌を見せたくなくってマスク常備→肌荒れ→マスクの無限ループになっちゃいます!
知ってしまえば簡単なことですので、一緒にお勉強しましょう!
スポンサーリンク

マスクを着けると肌荒れするのはなぜ?

mouth

マスクを着けると肌荒れする理由を紹介します。

マスクと呼吸で口周りの肌が荒れる!

マスクをしていると呼吸により口周りの湿度が保たれますが、肌荒れの原因になります。

なぜなら、マスクの内側は呼吸によりムレムレの状態。

そうなってしまうと、雑菌さんにとっては好都合。

お口周りは雑菌がうじゃうじゃと・・となってしまいます。

雑菌だらけだったなんて・・なんかやだー・・

そして、この雑菌たちがニキビをはじめとする肌荒れ現象を起こすわけです。

マスク内と外部の湿度差で口周りの肌が荒れる!

マスクを外した瞬間、肌荒れの原因がやってきます。

なぜなら、マスクの内側と外側で大きく湿度が異なるからです。

外部と大きく湿度が異なると、マスクを外した際に水分を一気に奪われてしまいます・・。

だから乾燥肌になってしまうのね!

乾燥肌になれば雑菌が入りやすくなり、皆さんお察しのとおり、肌荒れが起こります。

マスクの素材が合っていないから口周りの肌が荒れる!

マスクの素材によっても口周りの肌荒れは発生します。

例えば、普段から使っている不織布のマスクが肌に合わない・・ということも考えられるのです。

これは単純にアレルギー反応のようなもので、肌荒れが発生してしまいます。

自分に合ったマスクを選ぶのも大切なのね!

もし不織布のマスクが合っていないならガーゼのものを選ぶのが好ましいでしょう。

マスクとの摩擦で口周りの肌が荒れる!

マスクを着けていると、当然口周りとの摩擦が発生します。

摩擦が発生すれば、肌が荒れてしまう・・・ということは想像に難くないはず。

言ってしまえば、常に顔面の肌を不織布でこすられているような状態なのですから。

肌のバリア機能だって落ちますよね?

ウイルスから守ってくれるマスクも、完全に無害とはいかないみたいね・・

バリア機能が落ちた肌には、雑菌が侵入しやすくなり、肌が荒れてしまいます。

肌荒れ対策

mask

マスクで肌荒れが起こってしまうのはある意味で仕方のないこと。

では、次はそれをどうやって対策するか!です!

こまめにマスクを外して肌荒れ対策!

マスクをこまめに外してしまうというのもスキンケアにとっては大切です。

理由は簡単で、こまめに外すことにより口周りのムレを無くすことができるからです。

さきほども出てきたとおり、肌荒れの原因はムレにあり!

ムレちゃうと、雑菌うようよになっちゃうんだったよね!

ですので、可能であればこまめにマスクを外し、スキンケア、保湿対策をすることが大事です。

ですが、そうも言っていられないのがこのご時世。

インフルエンザが流行るときもそうですが、こまめに外すのはちょっと怖い・・ですよね?

続きを見ていきましょう。

マスクの素材に気を付けよう!

マスクの素材も、肌荒れ対策には大事です。

一般的に大量販売されているマスクの素材は不織布製。

こうした化学繊維が合わないという人も決して少なくはありません。

一般的には、ガーゼ素材の物の方が肌に優しいとされています。

赤ちゃん用ガーゼなんかもあるわけだから、当然かも!

不織布のマスクでも、肌触りにこだわったものがあるので、そちらを選ぶのも一つの方法ですね!

また、不織布マスクと口の間にガーゼそのものを挟むのも有効です。

肌触りがやさしくなり、余計な湿気を吸い取ってくれるので、雑菌対策にもなります。

余ってるガーゼ、探してみよっと♪

マスクの大きさにも気を付けよう!

マスクの大きさも、自分の顔のサイズに合ったものを選ぶべきです。

そうすることで、ヘンに擦れたりしづらくなります。

大きさが合っていないとどうでしょうか。

大きいとズレやすくなって擦れるし、小さいのも食い込んでしまうよね。あと、見た目も悪い・・

マスクのサイズは自分の顔にジャストフィットするものを選びましょう!

マスクの紐にも気を付けよう!

マスクには当然紐がついていますが、ここも大切なポイントです!

理由は、紐こそがマスクの支えであるからです。

簡単に言ってしまうと、緩い紐は好ましくありません。

顔からズレちゃうもんね!

また、逆に食い込みすぎてしまうようなものも好ましくありません。

気になりますし、単純に耳が痛いですし。

できるだけ、『紐で耳が痛くなりにくく、ズレにくいマスク』を選ぶのが賢い選択ですね。

ガーゼマスク(布マスク)の洗い方

ガーゼマスクってどうやって洗ったらいいの?

マスクを使う機会が多い人にとっては、布マスクで何度も使える方が経済的にもお優しいはず。

そこで、ガーゼマスク、いわゆる布マスクの洗い方を紹介します!

ガーゼマスク(綿素材布マスク)の洗い方

1.台所用手袋を着用し、洗濯するときと同じ濃度の衣料用洗剤にマスクを浸す。
2.水道水でためすすぎをした後、マスクの水気をきる。
3.水1Lに対し、塩素系漂白剤15mlを溶かしてマスクを10分浸す。
4.水道水で十分にすすぐ。(3回以上のためすすぎor2回以上の流水ためすすぎ)
5.清潔なタオルで挟んで水気を吸い取る。
6.形を整えて干す。

この時の注意点としては、

・他の人のマスクと一緒に洗わない!
・洗剤液、すすぎ水にはウイルスが含まれているかもしれないので、注意して流す!
・すすぎの際は蓋つきの金属製でない容器を使って押し洗い!
・上記1の洗剤液、2のすすぎ水は1Lあたり15mlの塩素系漂白剤を加えて10分放置してから捨てる!
・もみ洗いはマスクの繊維を傷める可能性があるので避ける!
・マスクを洗濯した後は充分に手を洗う!
このように洗い、清潔なガーゼマスクを身につけましょう!

マスクの扱いには気を付けよう!

summary

花粉症やらインフルエンザやら最近では新型コロナやら・・ますます私たちの生活から離せなくなってしまったマスク。

もはや生活必需品の一つですね。

そんなマスクだからこそ、適当にではなく、良いものを選ぶことが大切です。

また、実際に着用してからの対策も念入りに行うようにしましょうね。

それでは今回は以上です。

長文お読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました